2016年09月28日

本当にビックリです!!

先日、菊川豊田21キロ合同練習会にストレッチコーナー担当で参加しました。

そこでは、山口県で最も有名なランニングの指導者もいらっしゃったのですが。。。

驚いた事に、開会式からウォーミングアップもなく、よーいスタートとみなさん走っていかれました。

もちろん、開会式前にウォーミングアップをされている方もいらっしゃいましたし、みなさんがウォーミングアップをされていなかったわけではないのですが。。。

マラソンの練習やレースも含めてウォーミングアップは走る際の筋肉の反応速度をあげるのに極めて重要です、。ウォーミングアップにより、血流の改善、筋肉にいく神経の伝達速度の改善などにより、着地した際の衝撃吸収が素早く行えるようになります。

このことが故障の予防につながるんです。

市民ランナーのみなさんへまだまだ私がおこなうべきことがある!!

そう感じたイベントでした。。。
posted by ランニングセラピスト 道祖 悟史 at 06:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月01日

苦い経験

私もタイム更新をねらう市民ランナーです。

皆さんと同じようにタイム更新のために、たくさんのランニングに関する本を読み
先輩ランナーの話を聞き
ランナーが集まる会に参加して競争するように走っていました

本当にいろいろな考え方があり、なかにはかなり長く走るもの、集団走では私より
速いランナーに激を飛ばされながら追いかけられるように走ったこともあります。

何が何でもタイム更新!!必死でした。
その時に出てきたのが膝の痛み。故障してしまったのです。

その時初めて気づきました。。。。
目的も考えずはしていたことに。
自分自身が理学療法士という運動の専門家でありながら、自分にあっているペース、
内容を考えずに走っていたんです。

それぞれ身体特性は異なります。性別、運動歴も違います。
それを考えない先輩のアドバイス、ペースが決められた集団走。これは効果的な練習
とならないばかりか、故障を誘発してしまいます。

オーダーメイドの練習が必要なんです

ランニングサポート山口 http://runners-suport-yamaguchi.jimdo.com/

posted by ランニングセラピスト 道祖 悟史 at 06:58| Comment(0) | ランニングメニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月22日

アキレス腱に痛み

ランナー多いアキレス腱の痛み

これはアキレス腱のマッサージやシップなどで対処することが多いです。

これは間違い!

このような対処法は痛みは楽になるかも知れませんが。、再発する可能性が高いんです。

なぜなら、アキレス腱炎の原因に対処できていないから。

着地した瞬間伸ばされます。このことにより衝撃を吸収します。その後バネのように縮みます。これが前への推進力となります。

これが過度におこなえわれると炎症を起こします。これがアキレス腱炎の実態です。

つまり、原因は衝撃吸収!

これはおもに背骨のたわみ、あしのアーチのたわみでおこなうものです。ほかに膝やあきれすけんで吸収されるにですが、背骨のたわみ不足、足にのアーチの低下が起こるとアキレス腱での衝撃吸収の比率があがり過度に衝撃吸収をおこなうこととなえります。

アキレス腱炎の本当の原因は背骨のたわみ不足、足のアーチの低下なのです。

これらを回復することが、ただしいアキレス腱炎への対処法なのです。
posted by ランニングセラピスト 道祖 悟史 at 06:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
メルマガ購読・解除
フルマラソンでタイムを30分縮める方法
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。