2016年08月03日

フォーム改善のために走っているときに何ができるか?

ランニングフォーム、ランナーにとって永遠の課題だと思います。

ですが、このランニングフォームじつは走っているときにできることはなにもないです!!

なぜなら、私たちが実際に走っているとき、歩いているときにフォームを意識していないからです。

じつは私たちが意識して動作をするとき、頭のなかでは大脳を使っています。

しかし、歩く、走るという動作は主に脊髄にあるといわれているセントラルパターンジェネレータを使っています。
なので私たちは大脳の中で考え事をしながら、走ったり歩いたりできるわけです。

では、どうやればフォームを改善できるか??

これは、走る前後での取り組みが重要になります。

posted by ランニングセラピスト 道祖 悟史 at 07:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

メルマガ購読・解除
フルマラソンでタイムを30分縮める方法
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。