2016年08月03日

フォーム改善のために走っているときに何ができるか?

ランニングフォーム、ランナーにとって永遠の課題だと思います。

ですが、このランニングフォームじつは走っているときにできることはなにもないです!!

なぜなら、私たちが実際に走っているとき、歩いているときにフォームを意識していないからです。

じつは私たちが意識して動作をするとき、頭のなかでは大脳を使っています。

しかし、歩く、走るという動作は主に脊髄にあるといわれているセントラルパターンジェネレータを使っています。
なので私たちは大脳の中で考え事をしながら、走ったり歩いたりできるわけです。

では、どうやればフォームを改善できるか??

これは、走る前後での取り組みが重要になります。

posted by ランニングセラピスト 道祖 悟史 at 07:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月04日

黒爪問題

走ったあとにできる、あれです。

爪がいたいなあと思っていたら黒い爪になっていたということ、ランナーであれば経験がある人が多いのではないでしょうか?

あの黒爪

靴が小さいからできたとおもっているランナーが非常に多いですね。

実は

逆なんです。

靴が大きいから黒爪になるんです。
大きな靴の中で足は前に滑ります。
そのことにより、ツンツンと爪が靴の先に何度もあたり、そのことにより爪が指の奥に押し込まれるんです。

これが原因で黒爪になっている人がほとんどです。

でも、くつ小さくしたら黒爪になったという方!

そういう方は、くつの幅があっていないことが多いです。

シューズにはサイズだけでなく幅(ウィズ)があります。
この選択が実はとても大事なんです。
posted by ランニングセラピスト 道祖 悟史 at 06:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月27日

走る前にしてほしい愉快な運動

走る前にしてほしい運動は以前紹介したダイナミックストレッチングとスキップです。

スキップ??

そうスキップです。

ちょっと恥ずかしいかもしれません。
でもとっても大事な運動なんです。

このスキップ振り出す脚は普段より大きく振り上げますね。
これが、脚の振り出しに重要な腸腰筋の刺激になります。

また大きく脚を振り上げるときに反対の脚はどうなっているでしょうか??

そうしっかり股関節を伸ばした状態で体重を支持しているはずです。
そのため、体重を指示する大腿四頭筋、下腿三頭筋などの刺激になります。

つまりスキップはランニングに必要な筋肉を刺激し、ランニングにおける脚の幅を広くします。
そのことによりランニングフォームを無意識に改善することができるんです。

ちょっと恥ずかしいかもしれません。でもとっても効果がありますので、ぜひ取り組んでいただきたいと思います。
posted by ランニングセラピスト 道祖 悟史 at 06:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
メルマガ購読・解除
フルマラソンでタイムを30分縮める方法
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。