2016年05月13日

太ももの後ろが痛い!

昨日、らんなーの方から座骨神経痛について問い合わせがありましたので、原因について、記載します。症状のあるかたは必ず病院を受診し、適切な治療を受けられることをおすすめいたします。

椎間板ヘルニア(ついかんばんへるにあ)

急性のものは「ぎっくり腰」とも呼ばれますが、椎骨の間にある椎間板により神経が圧迫され、腰に強い痛みが出ます。

梨状筋症候群(りじょうきんしょうこうぐん)

お尻の奥にある梨状筋により、坐骨神経が圧迫を受けることで、下肢に痛みやしびれが生じる疾患。

脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)

脊髄は椎骨の中を通っており、脊髄が通る空間は脊柱管と呼ばれます。
加齢などにより脊柱管が狭くなり、神経が圧迫される疾患を脊柱管狭窄症といいます。

腰椎すべり症/腰椎分離

背骨の腰部分にあたる腰椎骨は人体構造上、下にある腰椎骨が前に傾いており(弓状の下部分)、腰椎骨がずれることにより神経が圧迫され痛みやしびれが出る疾患を腰椎すべり症といいます。

椎骨は椎体と椎弓という骨にて構成されており、疲労骨折などにより椎体と椎弓が離れてしまう疾患を腰椎分離といいます。

腰椎分離により腰椎すべり症を発症する可能性が高くなります。

腫瘍

良性、悪性に関わらず、脊髄自体やその周り、また骨盤などに腫瘍ができることにより、神経が圧迫され坐骨神経痛の症状が現れる可能性も考えられます。

posted by ランニングセラピスト 道祖 悟史 at 06:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月12日

WMH

DAIGO風タイトルにしてみました。

ウォーミングアップが必要です。
ん。これ当たり前ですよね、


しかし、ウォーミングアップといっても呼吸のウォーミングアップが必要なんです。

じつは肺は自分自身では伸びることができません、つまり、息を吸うという行為は肺だけではできないんです。
ではどのようにするのか・・・・

呼吸にかかわる筋肉に吸気筋といわれる、「吸う」行為にかかわる筋肉があります。代表的なのは横隔膜です。
そうです。無意識にしている呼吸も筋肉が関連しているということですね。

ですので、身体の筋肉と同様ウォーミングアップが必要。

やりかたは簡単です。走る前にしっかりと息を吸うこと、深呼吸をいつもよりしっかり深く吸うように意識して行いましょう。

これをしておくだけで、走り始めてからの初めの息苦しさが楽になりますよ!!

フルマラソンでタイムを30分縮める方法




posted by ランニングセラピスト 道祖 悟史 at 06:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月11日

驚いています!

いやー!ブログをはじめてその反響に驚いています。


この反響はすさまじいものがありました。

もちろん、情報ありがとうございます!というお褒めの言葉から
やっぱりアシックスが走りやすいという言葉、メーカーさんの代
理店さんからの意見までいただきました。

で、やはり特定のメーカについて言及するのはオープンなブログ
ではあまりに反響が多きすぎるので、このような濃い情報はメー
ルマガジンで皆さんにお届けしたいと思います。

フルマラソンでタイムを30分縮める方法

登録よろしくお願いします。
posted by ランニングセラピスト 道祖 悟史 at 06:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
メルマガ購読・解除
フルマラソンでタイムを30分縮める方法
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。